吃音ブログ Freedom Stutterring

みんな、吃音の悩みから解放されて新しい人生を創っていこう!!

学ぶときの姿勢のお話

僕の好きなお話です(^^)

何か新しいことを始めたい。起業するために学びたいという方のみ読んでほしいです。

↓ ↓

以前に、ある農場経営者にお会いして話を聞いたら、
面白いことをおっしゃってました。

「農業ビジネスに将来性があると思います。
だから当分、ここで学ばせて下さい!弟子入りさせて下さい!」

という若者が来たそうです。

学校を卒業してどこぞの大手企業に入ったものの、「起業したい。 これからは農業ビジネスだ!」と思ったらしく、雑誌の記事で見た その農場に飛び込んできたというのです。

農業ビジネスの将来性と自分の夢を熱く語るので、それならば試し に受け入れてみるかと思い、鍬を手渡して「じゃあ行こうか」 と立ち上がったところ、その若者はキョトンとした顔をして、

「え、僕も耕すんですか…?」

などと言ったそうです。

社長も「え、どういうこと…?」と話がかみ合わない。

その若者の話をもっと詳しく聞いてみると、彼の「学ばせて下さい 、弟子入りさせて下さい」というのは、どうやら「農場経営のノウ ハウやテクニックをできる限りかいつまんで教えてもらえますよね ?」

ということだったらしいのです。

そして、「思っていたのと何か違うので…」と、畑も一度も見るこ ともなく、その日のうちに帰っていったとのこと。


最近はどの世界の人と話しても、こういう人がやたら増えている、 という話をよく聞きます。

「修行させて下さい!弟子入りさせて下さい!」と言って、熱意の 見せ方だけはとても上手なのですが、いとも簡単に「なんか思って いたのと違うんで…」とあっさり姿を消していくという人が多い。

「修行」は、キャンセルできるものだと思ってるんですね。

もしくは、妥協が許されるものだと思っている。

成果を出していない自分の判断で動いてる時点でおかしいですよね 。

修行とは弟子入りした時点で成果が出るまでは、全て師匠の判断を 素直に受け入れることですよね。


ある広告制作会社が、広告業界の将来に貢献できればと、広告業界 を目指す学生向けに「企画講座」をやりました。

無料で教えてもらえるということもあって、たくさんの学生が集ま りました。

みんなでまず、企画案を作るというワークをするのですが、「この 企画案はここがダメです」と評価しただけで、次からは半分以上の 学生が脱落するのだそうです。

「ああ、こういう企画案はダメなんだ。勉強になるなあ」というこ とではなく、

「自分の企画がダメって言われるんだったら、もう無理」

などと、簡単にドロップアウトしていくわけです。

そういう機会を無償で与えてくれている、ということに対する恩も ない。

広告業界を目指す学生のために、何の見返りもなく無料で教える場 を作っても、平気でそういう人が出てくるのです。


「こんなに大変だとは思わなかった」

「思っていたのとは全く違っていた」

というのは、「修行」にとって当たり前のことです。
修行とは大抵、思っていた以上に大変なものなのです。

それを乗り越えることが、「修行」です。

「こんなに大変だとは思わなかった。だからやめよう」

と思うのか、

「こんなに大変だとは思わなかった。だから気合を入れ直そう」

と思うのか。

その考え方の違いで、人生に違いが出てきます。

「大変だからやめよう」という人は、次の世界に行ってもどうせ「 大変だからやめよう」と言います。

そしてラクなほう、ラクなほうへと流れていき、居心地のいい底流 あたりのところで満足してしまうのです。

「やります!」と口では言っておいて、やらない。

そういう人間が、自分も成長しないし、他人にも迷惑をかけるしで 、一番始末に終えない人種です。

こういう人は、確実に使い物にならないので、誰からも信用を得ら れません。

新しいことにチャレンジする時には、必ず思った以上の困難が立ち ふさがるもの。
ご両親の反対や、友達、彼氏彼女の反対などもつきものです。

「こんなに困難だとは思わなかった。だから乗り越えよう」

「こんなに反対されるとは思わなかった。だから認められるまでや りきろう。」


と考えることで、人は成長します。

しっかりとチャンスを掴める人間になりましょう。