吃音ブログ Freedom Stutterring

みんな、吃音の悩みから解放されて新しい人生を創っていこう!!

読書は大事

今回は読書についてお話します。

 

本は日々の生活では見えない新しい視野を与えてくれます。

ただ、1つだけ実践してほしいのは。

 

読んだ本から何か1つでもいいので行動に落とし込むことです。

良くいい本に出会ってすぐに読めたけどもその日のうちに行動を変えずに明日やろうって人がいます。

 

はっきり言います。

それでは変化できないです。

 

【明日やろうは馬鹿やろう】って言葉があります。

人は何かを考えたときから5秒以上経つとやらない理由を考える生き物だと言われています。

 

なので、伝えたいのは。

これいいなと感じたら0秒で何かやってみる。

何でもいいです。

 

人脈が大事!!って本を読んで感じたら1通電話なりメールを送る。それでもいいでしょう(^^)

これだけで読む前の自分とはまた違う自分になります。

 

その時にやった小さな1歩は大きなエネルギーになり財産になります。

ぜひ、やってみてください(^^)

 

このブログを読んだ吃音で悩む方が1歩でも前に進めますように。

ではまた(^^)

先週末

こんばんは(^^)

今回は先週末のことを日記にしていきます。

 

まず土曜日は支援学校でお仕事をしている女性の方とお話しました。

僕はいま、人から人見知りには見えないと言われることのほうが多いのですがその方は一瞬で僕の本当の部分を見抜いてきました(^^)笑

 

経験ってすごいですね。

 

そこからはお世話になっている方が主催しているお笑いイベントを見に行きました。

その方自体は元々重度の人見知りの方だったのですが今では芸人さんと交わって仕事していますから大尊敬ですね♪

ちなみにその方自体も芸人さん並に面白いです(笑)

 

そこからカラオケオールしまして日曜を迎えました。

吃音の方って歌うと吃らない人が多いですよね(^^)?

僕もその中の1人で後にバンドでボーカルをするくらいになったのを覚えています。

 

そして日曜は僕主催でバーベキューイベントを開催しました(^^)

僕自身お肉屋さんで働いていたのでやっぱりこういうのを通じて人が笑顔になるのは堪らないですね(^з^)-☆

気合入れすぎてスーパーでは買えないようなお肉を準備して迎えました。

参加者が喜ぶのではなく感動させるものを作りたいと思ってやるのが仕事の醍醐味ですね♪

 

無事大成功しました(^^)

 

夕方はカフェに行きまして素敵なお話を聞かせていただきました。

僕の将来を大きく変える時間になるかも。最高でした(^^)

 

そして大阪で主催している吃音の飲み会イベントを楽しんできました。

男だけの会だったのですがこれもいい♪

男子会第2回目開催あるかもですね(^з^)-☆笑

いつも意図のない会ですが参加者が何か目的をもって参加しているのを感じているので素晴らしいなと思います♪

 

そこからのお世話になってる人の誕生日サプライズパーティーをやって、来月やるBBQイベントのMTGをやって連休を終えました。

 

振り返ると底なしの体力をしてるな自分と思いますね(^^)笑

 

こうやって文字に起こすと自分を客観的に見れるのでオススメします♪

僕もこの日記を書きながら自分の充実度を知れました(笑)

 

もっとやったります。

 

吃音だったから人生上手くいっていると言える人がもっと増えますように(^^)

僕もなります。

 

ではでは(^^)

 

 

食事について

こんにちは(^^)

シュンです。

 

今回は食事についてシェアしていきたいと思います。

とはいえ僕自身も継続できていない物なので説得力はありませんが(笑)

 

僕自身、様々な仕事をしている方とこれまで出会ってきました。

不動産経営、芸能事務所、飲食、人材派遣等で結果を出している人もいました。

 

これらの方が普通の人と違うことは?となったときに共通するものがありました。

それが、健康に投資してきたということです。

特に、食事に関しては炭水化物を抜いている方が多いイメージがありました。

 

その中で僕自身が調べたことについてシェアしていきます(^^)

 

1、炭水化物が悪いのではなくてタンパク質と同時に摂取することで胃に弊害が起きる。

食物を摂取すると胃で消化されますよね?

その時に出る消化酵素というものがあるのですがこれは炭水化物とたんぱく質を同時に消化できるようになってないことがわかっています。

なので内臓に負担がかかり、栄養をちゃんと摂取できていないことになります。

 

特に人間は原始時代は肉と植物を摂取していましたが、穀物は摂取していないので元々は脂肪からエネルギーに換えるケトン体体質でした。

なので炭水化物を摂取しない生活でも生活できるし、内臓も負担がかからないので仕事に集中する身体作りにはオススメします!

 

あと、炭水化物を取るとインシュリンの分泌量の関係でメンタルにも影響を及ぼすみたいです(^^)

僕自身も昨日から取り組んでますので結果が分かり次第またシェアします♪

 

2、飲み物は水にこだわる♪

これも大事ですね(^^)

僕自身はもともと歌手を目指していたのですが、声が通りやすかったり等の影響も当然あります。

それに加えてジュースは美味しいのですが、砂糖や添加物が多いです。

これがメンタルに大きく作用するので不要なものは摂取しないことをオススメします。

 

3、コーヒーは発がん性物質がある。

これは事実です。

ちなみにカフェインが悪いのではないので誤解はしないでくださいね(^^)

コーヒー豆から焙煎、抽出してコーヒーは出来るのですがその工程の段階で発がん性物質が生まれることが発見されています。

 

がん細胞は炭水化物を食べて大きくなるので仮に砂糖が多く入ったコーヒーを嗜めている方はこれを機に換えてみるといいと思います(^^)

ちなみに僕はモンスターの白をオススメします!

 

もしカフェインが必要なら炭水化物がなく且つカフェインを多く摂取できるものを取りましょう!!

 

 

就職の面接で使える心構え

こんにちは(^^)

シュンです。

 

今回は面接での心構えと準備についてお話していきます。

とはいえ、面接って吃音の方にとってはハードルが高いですよね。

 

僕自身も大学生のころ、就活解禁日が恐怖で仕方がなかったです。

グループ面接の自己紹介で吃りまくり、顔が赤らみ、汗が出まくるシーンは今でも思い出します。

 

その中で僕自身がやってきたことをシェアしていきます(^^)

ちなみに僕は面接においては100%通って来ました♪

 

1、吃った事を10年後覚えてる人は誰もいない。

まず、このことを覚えていてほしいと思います。

確かに、吃音の人の吃ることに対する恐怖心は僕も正直あります。

ですが、実際この吃音という個性を馬鹿にされたり、他の面接者に笑われたりしたとき。そんな理解のないグループの下で働きたいと思えるでしょうか??

僕は吃音という個性があるおかげで会社の人間性が知れるチャンスを得たと思ってます(^^)

あと、失敗したらどうでもいいやーって考えを持つのも大事です。

完壁主義はうつ病のもとになるので楽観主義の考え方を持つことをおススメします。

 

2、思い切って吃音のことを話す。

自己紹介の前に吃音のことをオープンにすることを僕は水晶しています。

そうすることで吃音にちなんだエピソードが武器になるといいますか。

せっかく吃音で今まで考えて色んな努力をしてきたのですから全部出し切りましょう。

 

自分が思ってるよりもエピソードが出てきますので(^^)

そして、みんなバイトの話や部活の話だけになって味気ないものになりがちなところから話にスパイスが生まれてくるので面接官の目に止まりやすいです。

 

あと内定をもらったときに面接で吃音のこと話したのですがーってことが案外自分にとっての安定剤になるのでオススメします♪

 

3、地球をイメージしてその中の自分と思えば吃音の悩みは小さいことだときづく

自分の心の視点を上げるイメージを持つ、といえば伝わりますでしょうか??

自分が中心で世界を捉えると小さなことでも気にしてしまします。

 

そんなときに壮大なものをイメージすると自分の悩みがいかに小さいことなのかということに気づかされます。

わかりやすいから地球でイメージするように伝えました(^^)

 

正直言いますと、世の中では貧困や飢餓で日本では死ぬことも考えられないような病気で死んでしまう子供達もいます。

戦争もない日本で生まれたことがまずラッキーです。

 

なので自分が望む最大限を手に入れる人生を歩んでいきましょう(*≧∀≦*)

今回は以上です♪

 

ではまた(^^)

 

過去を振り返ります その2

こんばんは、シュンです(^^)

前回は、そうそう。高校時代の接客のアルバイトをしたとこまでお話しましたね♪

 

とはいえ、過去を振り返るのは色々辛いことを思い出します。

でもこうやって目で見える形にするのは頭の整理にもなるのでめちゃ便利です(^^)

そして、僕の色んなお話から読者のみなさんが人生のヒントを得たりしていただけるきっかけになったりすると思うとなかなかやりがいがあるなと思っています♪

 

では、はじめていきます。

 

高校時代はアルバイトで辛いことも経験しましたが、実はこのアルバイトは大学卒業するまで続けましたし、最初の就職した会社も同じ業界に進むことになります(^^)

僕が人生やると決めたことは何でも結果を出せる!と最初に気づいたきっかけだったかもしれません。

それに加え、高校生活は吃りと向き合いながらも楽しいものになりました。

 

何でも相談に乗ってくれるし、カラオケも行きまくった親友もいましたし。異性の友達もこのころから多くなりました。

 

しかし、高校2年のときだったと思います。

大学受験用の国語の授業のときに音読の出番が回ってきました。

そのとき吃音の悪い波が来てたときだったので嫌だなぁと思いつつ読みました。

 

その結果・・・

教師であるはずの先生に馬鹿にされたような笑われ方をされました。

 

なぜか、その記憶と当時感じた嫌悪感は今でも覚えています。

すごく腹立たしい(笑)

 

そこから、大人に対して不信感や恐怖を覚えるようになりました。

受け入れてくれると信じていた僕の中の大人像が崩れていく感じです。

 

そこから、同級生の中でも気兼ねなく話せる子と全然喋れなくなった子ができてきたなと思います。

 

このままではあかん!と思って、吃音を本気で改善しようと思いました。

吃音さえなければ、スラスラ話せばもっと友達も出来るのに。

そんな思いのもとまずは腹式呼吸から始めました。

 

あれって不思議ですよね。家で練習してるときはめっちゃ声が変わった、めっちゃ喋れるって気持ちになるじゃないですか??

それなのに人前で喋ったりとか、喋らないといけないって場面に出くわしたとき前よりもっと喋れなくなっちゃうんですもんね。

 

とはいえ、腹式呼吸だけやってるからだめなのでは?と考えて色んなボイストレーニングの本を読んではそのやり方をマスターしていったものです【この真面目さは今では武器になってるなと今でも思います】

 

しかし、高校、大学と出ても吃音は治ることはありませんでした。

常に吃音の波を感じてて、そこから自分の行動範囲を縮めたり、視野が狭くなったなと感じるようになりました。

 

そして、不安を抱えたまま、就職活動を迎えました。

 

今回はこのくらいにします(^^)

えらいまとまりのない文章ですいません。この記事はノープランでパソコンの前に立ったときに思いついたことを書いてるので。

 

こうして何気なく文章にまとめると他の分野でもアイデアが湧いてくるので僕は好きです。

あとはみなさんにも見やすいようにもっと文章力をつけます。

 

ではでは(^^)!!

 

吃音の軽減に効果的とされるマインドフルネスについて簡単に解説。

こんばんは(^^)シュンです。

みなさんはマインドフルネスって言葉はご存知でしょうか??

 

ここ最近では自己啓発本等でも取り上げられているものとなっていますが実は吃音の軽減にも期待できるものとしても取り上げられています。

僕もここ最近実践しているので読者のみなさんにもシンプルかつ簡単に説明していきます。

 

・マインドフルネスとは??

これは瞑想法の一種です。全ての思考を呼吸法を交えて【自分の心を今に集中し、客観的に観察すること】をやっていきます。

そうすることで普段感じることのなかった新しい思想を生み出せる。ということです。

 

特にその中で重要となってくるのが【呼吸に集中すること】です。

呼吸以外でも、仕事でパソコンをカタカタ叩いてるときの感覚や、ご飯を食べているときの舌の感覚。ランニングが趣味なら、走っているときに足が地面に着く感覚など集中の種類は多岐にあるのですが、まずは呼吸に集中することが基本になります

 

じつは、今に集中することの先にある思考というのがマインドフルネスという状態なのですが今回は今に集中することをメインに取り上げていきます。

これが大事なので!!

 

では呼吸法のシェアをします(^^)

 

・基本的に鼻呼吸の自然呼吸であればそれでよい

シンプルです。

一回ソファーなどのゆったりしたところでリラックスしながら試してみたください(^^)

その時に1つだけプラスします。

座っているならその時の自分のお尻の感覚を感じましょう。これは普段意識しないところをあえて感じてみることで意識を今に戻す効果があります。

 

そして、自分の呼吸の吸う、吐くというところに意識を向けます。

そのときの吸う、吐くの動作が一定かどうかを感じます。

 

それから、一定の流れになった呼吸が鼻腔を通っていく感覚を意識しましょう。

 

ただ、この間に色々なことを考えてしまうでしょう。

それでも大丈夫です。

雑念が起こったら単純に呼吸に意識を戻しましょう。

 

慣れるまで毎日続ければ自然と無意識にできるようになり、新しい思考が目覚めてくるでしょう(^^)

 

最初はなんだこれ?って思うかもしれませんがそれで大丈夫です。

自然と今までになかった発想や身体の変化、心の変化などの微細な変化に気づくスキルが身についてきます。

その状態がマインドフルネスができている状態だといえます。

 

マインドフルネスを手に入れると今の自分と真摯に向き合えるようになり、現状を打開するためのアイデアが思いつき行動が取れるようになります。

ぜひ、自分を客観的に見つめて思い通りに人生操っていきましょう(^^)

 

今回はこのへんで。

ではまた。

過去を振り返ります その1

こんばんは!シュンです。

今回は僕自身のこれまでの吃音人生をつらつらと書いていこうかなともいます(^^)

 

僕のことを知らない人は何じゃこれ??って思うかもしれません(笑)

ただ、僕のことを元から明るい人だったんじゃないの?とか、元々コミュニケーションが上手かったんじゃないの?って先入観があると伝わらないこともあるかと思うので今回今までの過去を振り返ります♪

では、まいります。

 

 

僕は大阪のとある街で双子で生まれました。

ちなみに僕は弟の方です(^^)

我ながら当時は可愛くて近所の女子高生から人気があったのを覚えています♪笑

 

ただ、最初から僕のほうが吃音だったわけではなく兄の方が先に吃音を発症しました。

その後に僕も吃るようになったのを覚えています。

そして小学校に上がるにつれ、兄の方は吃音が治りました。

 

今では接客業でだいぶ出世してるみたいですよ(^^)

 

まあ、これは置いといて。

僕のほうはというと、当時は連発型の吃りでしたので国語の授業とかでよく吃ってはいましたが小学生ということもあり、全然気にしていませんでした。クラスでもよく喋り、友達もいっぱいいました。

 

が、しかし。

 

小学校を卒業前から思春期に入ってきたこともあり、自分がみんなと同じように喋れないことを気にするようになりました。

そして、中学校の国語の音読で散々吃りまくったのをキッカケにいじめられるようになりました。

 

当時の中学生の子供がトラウマが残るのには十分すぎるぐらい理不尽な出来事です。

そのたび、周りの目が怖くなり。人目を避け、静かに息を潜めるように過ごすこととなります。

 

今振り返っても本当に辛いのは、共感してくれる仲間が同じ中学校にいなかったこと。

当時は孤独感でいっぱいで、【自分は本当に不幸だ】

と思うようになりました。

 

そこからは、友達から何気なく言ったであろう【こいつ、面白くないな】とか【なんでお前はそんな喋り方をしてるの?】等の言葉で心がズタズタになり、家で泣いていました。

何で僕ばっかりこんな目に合うんだろう。不幸なことばかりだ。死にたい。

 

高校生になっても学校ではこんな感じでしたね。

そして高校1年生のときにスーパーでバイトを始めました。

これがもう始めから辛いことの連続で(笑)

 

レジ接客の練習で接客用語が言えずにお客さん、そして社員の人に怒られまくり。

担当は野菜の品だしだったのですがその部門の上司からは毎日怒られ。【その喋り方だとお前は社会に立ったら苦労する】とか【いや、喋られへんのに何で接客業してるねん】とか色々言われましたね。

 

別に悪いことしてないのに(笑)

 

そんな感じで当時未熟すぎる心には受けきれない様々な思いを経験するのでした。

今回はこの編で区切らせていただきます。

 

また次の記事も続きを書くので、また見てください(^^)

ではまた。